乱暴なDTM講座

DTMのご意見番

俺たちはプラグインばかり買って曲も作らないアホではない。俺たちは曲を作るためにDTMしているんだ。お前もこのブログに影響を受けたんだったら、コミュニティ「乱暴なDTMスクール」に加われ。http://ranboudtm.blog.jp/archives/76584167.html


Youtubeは、単なるテレビの代替ではない。まったく違う角度から楽しめる総合芸術の場だ。たとえば上の動画。ドラムラインバトルというようなものだが、これを見るだけでも、いろんなドラマが垣間見える。テレビでこういうのが流れるときは、大抵ドキュメンタリーなどで、見方を説明されるものだけだが、こういう風に字幕も何もないと、自分でいろいろ想像してみることができる。スネアの白人は黒人に押されて撤退したな。とか。リズムでラップバトルしているみたいだ。とか。ドラムライバトルを知らなくても、見ればわかる。

これまでのインターネットは、まだまだ言語の壁をこえていなかった。しかし動画は言語以上に受け取る情報が多い。Youtubeは情報の自由化そのもの。自国のテレビ番組しか見てなかった時代から、一気に世界の個人が発信する情報。言語を超えた情報が流れ込む時代。今その節目だ。

Youtubeは前からあっただろ?というやつは、何もわかっていない。スマホと光回線が世界中にいきわたったからこそ、今なのだ。そこが分かってないやつが死ぬほど多い。こういうこといってるバカは絶対に時給800円の壁を超えられないぞ。

なので、Youtubeを見て、今後は個人が面白いと思うものをどんどん拡張していく時代だと俺は思っている。これを見て、こう思いなさい。というような過去の情報統制に慣れてしまった連中は、Youtubeをどう楽しんでいいか、しどろもどろしている。それが老いだ。

感じるのだ。そして発信するのだ。

DTMやってるやつがYoutubeをやる意味は何か?そんなことを俺に聞いてる時点で、マニュアルから抜け出せてない証拠だよ。お前は何を楽しんで、何を面白いとおもっている?それをどうやったら伝えられる?それだけを考えればいい。

なんで発信しなきゃいけないんだ?こういうやつもいる。じゃ、お前はなんで他人が発信したものを見ているんだ。お前にも発信欲求があるからだろ?いいんだよ。それで。自然なんだよ。

音楽やりたいやつが、なんでわざわざ動画を撮らなきゃいけないんだ?そう思うやつもいるだろう。では聞く。お前の音楽はどこで流れるんだ?音楽は動画なしでは音楽とみなされなくなり、そしてやがて、音楽は動画とイコールになる。

違うと思うのなら、たまには反論してみろ。「音楽はそれ単体で存在し続ける!!」とか、鼻息荒く言うんだろ?そんなことはわかってる。だからお前らは見えてないんだよ。

Youtubeという新しいメディアに動画としての音楽が乗った瞬間それは過去には定義できなかった、新しい快楽が生まれるんだよ。そして、その快楽はメディアに適応する。だから過去の音楽とは違う作り方が求められているんだよ。

これが俺の最新の結論だ。無論、映画は前からそうだった。映画を一本もみないお前らは、なんのこっちゃわからんと思うが。

REMIXCON
あというまに2月になりましたね。自分はリミックスコンテストの曲は、もうだいぶ前に仕上げた感じがする。今月はエドシーランということで、割と最近はやってる洋楽ですね。自分はまったくエドシーランの魅力がわからないんですが、やっぱりリミックスすると、あーこれって案外リズミカルな曲なんだなとか、別の発見があります。歌詞も気になって調べたりすると、キモオタの恋みたいな内容っぽいですね。世界的にDVDの童貞に受けてるのかな?違うかな?今回の参加者は10名。

以下いつもと同文

乱暴なDTMスクール(私設コミュニティ)において毎月賞金あり(3000円分のAmazonギフト券)のリミックスコンテストを実施しており、今月もブログ視聴者の方に投票をお願いしたく、この場にてトップページにしばらく公開します。その間、ひとつ下で、記事は更新していますのでよろしくお願いします。

今回の参加数は10曲です。プロジェクトの解説動画を作ってくれた方もいます。ぜひご覧ください。そして以下の10曲を聞いて、いいと思った曲に投票お願いします。



投票締切は月16日夜21時です。このブログが面白いと思った方、ぜひ曲を聴いて一番いいと思ったものに投票してください。読者の一票が作家の糧になります。よろしくお願いします。



Season7の課題曲
 
Ed Sheeran - Shape of You

では皆さんの曲をきいてください。


以下参加者の曲







投票はこちら
1550326951504
優勝はirish(johonill)さん。二度目のチャンピオンです。おめでとうございます。かなり凝ったリミックスでした。

あとみなさん。もうちょい投票してくださいね。このブログ読んでる人明らかに増えてるんで、その辺よろしくお願いします。


参加者コメント(今回もプロジェクトファイルの解説してくれてる人もいます。)
01Volvo

Shape of Youの印象的なリフをヒントにリミックスしてみました。

また再びこちらのコンテストに参加できる事がとても嬉しいです。

ぜひ大音量でお楽しみ下さい!

02alloutofsync

Serumを初めて使って作りました。

03rund(invaderjapan)
新しいVSTを使ってます。
 

04PinkComets
ーコメント待ち

05irish(DJDent)

Shape Of Youはかなり耳慣れたというか、何回も聴いた曲だったので逆に難しいというか、構想決まるまでいろいろ時間がかかりましたが、最終的には、キーの合うサンプルを探して、ヒップホップ的なアプローチでやると決めました。それが定まってからは作業は速かったです。Madlibの音の質感が好きなので、それを再現するのを試みました。昨今のLo fi Hiphopの流れでも聴けるかもしれません。

06systemsignal

Serumを初めて使って作りました。作っていて楽しかったです。


07Tsunagu
ーコメント待ち

08dig

オリジナルを良く聴くとトライバルなビートが印象的だったので、和楽器をふんだんに使い、歌舞伎をイメージした日本の民族調にリミックスしました。これぞ江戸・シーラン。なんつって。

 

09peevi

原曲の静かさを活かしつつ激しいリミックスを目指しました。テンションを上げていただければ幸いです。

10lantan Run

思春期の悩みをテーマに作りました、ジャケ画はうちの猫のゲロです


これは俺の言葉じゃなくて、長渕剛の言葉である。検索しても出てこなかったが、俺はその昔、何かでそれを読んだ。音楽は生きているうえで別に必要のないものなのだ。NO MUSIC NO LIFEなんて言ってるのは、バブルの頃の余裕が生んだ夢だ。事実タワレコ本社はつぶれた。

アーティストがセレブ気取ってみても、結局は民衆の道具にならなければ、金が入ってこないのだ。アーティストに夢を見るのは結構だが、本当に成功しているのは、その本質を分かっている者のみだと俺は思っている。

なので、俺のように趣味でDTMをやっている者は、乞食になる覚悟がないので成功なんてしない。だが、ならおかファームは違う。覚悟がある。

彼を乞食だとバカにするのは結構だ。そこまで自分のプライドを捨ててでも、有名になりたい。その意気込みを視聴者は買うのだ。かつての長渕のようにね。

バカにしていたやつは、結局最終的には、俺はこいつが無名時代から応援していた。と言い出すんだよ。

↑このページのトップヘ